MENU

葉酸サプリメントで神経管欠損症を予防

妊娠したとき不安になるのが、産まれてくる赤ちゃんが奇形児だったらどうしよう、
何か病気を持っていたらどうしようということだと思います。

 

実は葉酸サプリメントには、胎児の神経管欠損症や先天性奇形、心臓病を予防することができる効果があるのです。

 

ただ、葉酸を摂取するだけで完全に予防できるという保証はありませんが、葉酸を摂取することで
発症するリスクを減らすことが出来るのです。

 

しかし、神経管欠損症って受胎してから1ヶ月以内に発症してしまうので、
妊娠がきちんと発覚してからでは予防できないのです。

 

受精し、少しでも妊娠の可能性があるという人は、その時から葉酸を1日に0.4mg摂取すると良いそうです。

 

葉酸サプリメントは妊娠中も辞めずに飲むようにしてください。
妊娠中も0.4mgで、無事赤ちゃんが生まれ授乳するようになったら0.3mgほどとり続けるようにしましょう。

 

産まれたあとでも葉酸サプリメントを飲むことによって赤ちゃんの発育を正常にするサポートができるのです。

 

海外での研究結果では、葉酸を一定量摂取した女性は、摂取していない女性に比べて、神経管欠損症の子供が
生まれる確率がかなり下がっているのです。

 

具体的な数字ですとイギリスでの研究では女性1800人を対象に葉酸を1日4mg摂取したグループと
そうでないグループとでわけたとき、