MENU

葉酸の効果と構成物について

私たちの身体はさまざまな構成物によって成り立っていますが
この構成物には様々な栄養素が含まれています。

 

葉酸は緑黄色野菜や動物のレバーに多く含まれているビタミンB群の一種類です。

 

この栄養素は日常の食事からも摂取をすることが可能ですが水溶性のビタミンであるため
野菜をゆでるなどの調理の過程で食物に含まれている葉酸の量は半減してしまうこともあり
調理方法や保存方法については工夫が必要になってきます。

 

また、葉酸が十分に働きを見せるにはビタミンCやビタミンB12の協力が欠かせないため
ビタミンCやビタミンB12が含まれている食物を同時に摂取するのが効果的になります。

 

この栄養素の効果としては、赤血球の生成を促して貧血の予防となることや
動脈硬化を引き起こす物質を無害なものに変えて動脈硬化を予防する働きがあります。

 

また、特に重要な働きとしてお腹の中の胎児の正常な成長を助けるという役割も担っています。

 

お腹の中の胎児は『急速に細胞分裂を繰り返して成長を続けますが
この細胞分裂に大量のたんぱく質が必要になってきます。

 

このたんぱく質を生成する際に葉酸が必要になってくるのです。
そのため、特に妊娠中などの人の場合、サプリメントなどで積極的に栄養素を摂取する必要があります。