MENU

ベルタ葉酸と妊娠の年齢

妊娠できる年齢というのは限界があります。
高齢出産の場合には妊娠できる確率というのは極端に少なくなっていきます。
35歳を超えると高齢出産とされているのですが、排卵日に合わせて妊娠を計画しても35歳以上の女性が妊娠できる確率というのは10%から15%程度になります。

 

20代の妊娠する確率というのは30%前後ですので、単純計算すると半分の確率になってしまうということになります。
さらに40代になると妊娠の確率はどんどん低くなっていきます。

 

個人差もあるのですが、自然な状態において妊娠できる年齢というのは、40代中頃あたりが限度だと考えられています。
高齢出産の場合、無事に妊娠することができたとしても、流産や先天性異常の発症リスクなども高くなってしまいます。

 

これは卵子が老化することが深く関係していて、卵子の老化というのは年齢が上がることで少しずつ進んでいきますので、年齢を重ねるとそれだけリスクが高くなってしまうのです。

 

また、高齢出産というのは妊娠高血圧症候群の発症リスクも高くなりますし、高血圧には十分に注意しなければなりません。
妊娠高血圧症候群を防ぐためには、食生活や体重管理に注意しなければなりません。

 

そのため、ベルタ葉酸などから葉酸を摂取するようにしてみてください。